人気ブログランキング |

徳を積む。

こんにちは。

日本には古来から、美しい立ち振る舞いや謙虚さ、相手を労わることを美徳とすることわざが数多く存在します。

「武士は食わねど高楊枝」

この言葉の真意は、どれだけ貧しくても品位を保って涼やかにいるという倫理的な意味です。

(やせ我慢とか皮肉に使われることもありますが、実際は違います。)

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

できるようになればなるほど、徳を積めば積むほどに、傲慢にならず謙虚になることを意味します。

「一寸の虫にも五分の魂」

小さな虫にも魂はある。弱い者や貧しい者にもそれぞれに意地や考え方があるから馬鹿にしてはならないという意味です。

道徳って昔は修身という呼び名だったそうです。

徳への道、身を修める。

どちらにせよ、「人として」に重きを置いた教育ですね。

福祉において、徳を積むとはいったい何なのでしょうか。

哲学的に考えると迷宮に入っていくような気すらします。

独善的なのかもしれませんが、まだまだできるを叶えていきたいです。

仕方ない、やむを得ないと考える時間を無くしたいです。

豊かな気持ちで過ごす時間を少しでも提供したいです。

そうあるためにもまずは自分自身が徳を積み、心を豊かにしていきたいです。

徳を積む。_b0389615_11480091.jpeg

法人ホームページhttp://www.kisshoukan.net/










名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kisshoukan2 | 2020-06-12 11:48 | Comments(0)

日々の出来事や感じたこと、挑戦していること、挑戦したいこと、ちょっと変わった考え方や捉え方を書いています。


by 吉昇幹法人事業部